新連携認定事業

近畿経済産業局において、平成20年度新連携事業として、『竹資源有効利活用事業のコア技術となる竹抽出物製剤の市場拡大を目指した連携体事業』が認定され、タケックス・ラボはそのコア企業として参加しています。

新連携とは

新連携(中小企業新事業活動促進法では「異分野連携新事業分野開拓」といいます)とは、その行う事業の分野を異にする事業者が有機的に連携し、その経営資源(設備、技術、個人の有する知識及び技能その他の事業活動に活用される資源をいいます)を有効に組み合わせて、新事業活動を行うことにより新たな事業分野の開拓を図ることをいいます。

(法律第2条第7項 より抜粋)

連携体事業概要はこちら