日比谷Bar

有限会社 環境開発計画
所在地:東京都千代田区有楽町 全27店舗
取材協力:木下 孝平 様/與 篤士 様

タケックスクリーン導入背景

全体の衛生管理から食材の日持ち向上
幅広い活用方法が魅力

日頃から衛生管理には細心の注意を払い、お客様が満足するサービスを提供している中で、予防効果が高い抗菌効果に加え、食材に対しての高い日持ち向上効果を持つタケックスクリーンに出会う。現場での衛生テストもクリアし、従来の製剤から変更し、タケックスクリーンの採用を決定。高まる食品衛生への意識に対するお客様の不安感にも充分に応えられるよう、常に万全の体制で営業している。

使用場所・用途

都内27店舗にて使用
バーカウンターなど水周り
包丁・まな板などの調理器具
エアコンのフィルターに
ホール内の床や椅子
食材の日持ち向上として
フルーツ・野菜スティック(きゅうり・にんじん・大根・セロリ)など

使用方法

バーカウンター内の水周りや調理器具
特にニオイの出やすい水周りへスプレーし、ニオイの発生を未然に予防
エアコンのフィルター
フィルターへ直接噴霧し、ニオイや雑菌・ウイルスの飛散を予防
食材周辺の除菌
主にフルーツや野菜スティックの洗浄時に使用。従来は、2~3日でドリップが出たり変色などが発生し、廃棄していたものが、野菜カット後にタケックスクリーンを噴霧してラップにくるみ、冷蔵庫保管すると1週間近く、変色もなくドリップがでる事もなく使用できるようになった。

お客様の声

ロスの大幅削減に加え、幅広く使える使い易さがお客様にも好評なんです

タケックスクリーンを使用することで野菜のロスが大幅に減り、大変満足しています。また、いろいろな場所に使用できることもタケックスクリーンの魅力の一つです。従業員だけではなく、お客様からも「家庭で使いたい」という要望がよくあります。

ラボからひと言

東京都内の27店舗でタケックスクリーンを幅広い用途でご使用いただいております。 ニオイ防止としてのタケックスクリーンの噴霧や、食材のロス防止策としても有効に活用され、内と外の両面から衛生管理に取り組んでおられます。